法人・個人事業主の税金

個人事業主でも法人でも年に1回税務署への申告をしなければいけません。
特に法人の場合、法人税法という法律に則って損金、益金を計算して申告をしなければなりませんので、申告は税理士に頼むのが一般的です。
個人事業主の時にはご自身で確定申告をされていた方でも、確定申告と法人の決算は全く異なりますので、法人税法を理解していなければ自分で決算申告をすることは難しいでしょう。
中小企業の社長必見!大丈夫?税務監査で指摘!「その『外注費』は『給料』です!」にも書いていますように、自分の間違った判断のために追徴課税や加算税を課せられる場合もあります。
このカテゴリでは、法人や個人事業主の申告に関してや税理士の選び方などに関して判りやすくご説明致します。

  • 資金に対する考え

    個人事業主と法人の違い、って何?

    起業のご相談をお受けした時に「個人事業主と法人のどちらで始めた方がいいのでしょうか?個人事業主と法人ってどう違うんですか?」というご質問をよくいただきます。 一人社長であれば、なんとなく個人事業主も法人も変わらないような …

     本文はこちら